カメ元気予報 | 明日晴れて甲羅干し日和だといいな

カメの飼育方法、亀知識、カメグッズの紹介…など、カメにまつわるあれこれ。それぞれの話題は「カテゴリー」ごとにまとめています

カメ用水中ヒーターについての疑問Q&A

f:id:kamekichi58:20140529220238j:plain

(写真は無料素材サイトからいただいたものです)

今日は、私がこれまでカメ用ヒーターを使っていて、
感じたことのある素朴な疑問などを
皆様の参考になれば…と
自分なりの結論でお伝えしたいと思います。

■疑問1
ヒーターとヒーターカバーは、同じメーカーでないとダメ?

ヒーターの箱には、
「〇〇社(ヒーターと同じ)メーカーのカバーをお使いください」
といった説明のある場合があります。

ただ、経験上、形状さえ合い、うまく入るのならば、
同じメーカーのヒーター・ヒーターカバーで
揃えなくてもだいじょうぶだと思います。

私も、予算の関係から、
使っているのは違うメーカーのものです

もちろん、推奨品なら
「買ってみたけど入らない!」ということは避けられますけれども。

 

■疑問2
ヒーターに「26℃」など書いてあるのに、その温度にならない


ヒーターは、前に書いたように、
サーモスタット付きのものがお勧めです。

しかし、「26℃設定」「28度固定」などと記載されていても
その温度まで上がらないことがあります。

その場合は
①ヒーターが壊れている。不良品。
②水温計が壊れている
③水の量が多すぎる
④そもそも周囲の温度が低い
などを疑ってみましょう。

このうち、①②のように、
「ヒーターや水温計が壊れている」のなら、改善が必要です。

「③水の量が多い」場合は、
ヒーターのW数を強いものにしなければなりません。
(水を減らすという解決策もあるかもしれませんが…
危ないかもしれませんし)

通販サイトでヒーターを見ると、
たいていは、商品説明に、適水量が紹介されています。

あまりにも水量が多いのに小さなヒーター1本では
十分に温められませんから、
2本入れるか、買いなおしたほうが無難です。

そして、「④そもそも周囲の温度が低い」 場合…
これはなんとも仕様がない問題です(泣)
我が家でも、冬には26℃ヒーター使っても、
20-23度くらいにしかならないことがあります。

すきま風の入る寒い家なので…

衣替えしたばかりのころに使うのと
大雪が降る真冬に使うのでは、
周囲の温度には影響されてどうしても影響は出ます。

ただ、どんどん温度が低くなってくるようだと、
ヒーターの意味が薄れますし、ヒーター寿命も縮むので
家の中でも比較的あたたかいところに
置くようにすることをおすすめします。
(たとえば寒い玄関じゃなく、
暖かめの居間におくとかしてあげるといいです)
カメの健康のためにも、電気代のためにも…。


■疑問3:何度になったらヒーターを入れたらいい?

カメにとっては、大体25℃前後が快適な水温です。

経験上、我が家(東北在住)のアカミミガメは、
20度を切り、水温16-18度くらいになると、
いまいち夏のように餌を食べず、
動きも悪くなってきます。

そのため、これは各家庭の判断ですけれども、
我が家では、
朝夕含め、水温が20度切る日が出てきたら、
ヒーターを入れています。

真冬、水が凍りそうになってから入れる、というのでは遅いですね。
冬眠してしまいます。

水が10度台だと、やっぱりカメも寒そうだなという感覚ですので、
入れてあげたほうは良いんじゃないでしょうか。

ただ、そうはいっても、気温は一日中、一定ではありません。
10月には、日中は暑くても、朝はとても寒い日があります。
そうしたときは、日中はコンセントを抜いても、
朝の寒さをしのぐため、
夜寝る前などに、ヒーターの電源を入れてあげるといいでしょう。


■疑問④:ヒーターは、一度買ったら永久に使えるの?

カメのヒーターは、
正しい使いかたをしていれば、すぐに壊れるものではありません。

しかし、永久に使えるか?
と聞かれれば、永久には使えません。

冬の寒い時期は、水替え以外は24時間電源を入れているとして
(冬はそうでないとすぐに水が冷めてしまいます)、
ひと冬は、問題なく使えるでしょう。

ヒーターやヒーターカバーにぬるぬるした赤カビなどつくと、
あたたまりが悪くなりますので、こまめに掃除するなどして
丁寧に使えば、ふた冬くらいは大丈夫だと、経験上、思います。

しかし、
ヒーターも、古くなってくると、
設定した温度に届かないなど、弱くなってきます。

弱くなってくるだけならいいのですが、
そのまま使い続けると、危険な場合もあります。

私の経験ですが、18度までしか暖まらないヒーターを
もったいないなー。もうすこし使おっか。と思っていたところ、
ある日、変な音とともに突然コンセント付近から煙が出て(!)
すぐ抜きましたが、危ない思いをしたことがありました。
同じ部屋にいたからよかったものの…ひやっとしました。

また、逆に
過去に読んだ他の方の記事で
サーモスタット機能が壊れていたのか、温度が上がりすぎてしまい、
結果、カメが死んでしまった…」
という内容を読んだことがあります。
カメが元気でいてほしいと思って購入したのに
それでカメが死んでしまっては、悲しすぎます。

基本的には、
1-2シーズンは問題ありませんが、
あとは気象条件や、手入れ、利用状況次第でヒーターの寿命がきまる。

そのため、水温計で、ときどき温度を測り、
また、自分も1本、指をいれてみるなどして水温をチェック
(水温計が壊れている可能性もありますからね!私はありました!)。
もし、気温に比べて水温が上がっていないようなら
新しいものに、交換することをおすすめします。

なお、水の中で、ヒーターはとても熱くなっています。
水替えや掃除などする際は、
ヒーターが十分冷めてから取り出さないと火傷の危険がありますし、
空焚き防止機能が働き、ヒーターがこわれる恐れがあります。

買ったばかりのヒーターを壊さないよう、気をつけましょう。


亀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他ペットブログ アカミミガメへ
にほんブログ村