カメ元気予報 | 明日晴れて甲羅干し日和だといいな

カメの飼育方法、亀知識、カメグッズの紹介…など、カメにまつわるあれこれ。それぞれの話題は「カテゴリー」ごとにまとめています

福岡市博物館に亀の銀印アリ(九州カメ旅①)

先日、九州に行きました。
いろいろ回った、密度の濃い旅でした…
そのうち、亀を感じたところについてご報告を

f:id:kamekichi58:20141020225239j:plain

まずは、【福岡市博物館

ここには、志賀島で発見された
あの有名な「金印」があるとのこと!
しかも常設展200円で見られると!

ほんとうか?
国宝が200円で?
ちゃんと、甚兵衛さんが発見したやつなんでしょうね?
権兵衛さん、とかじゃなくてw

200円払って入ってみると、いきなり金印です。
思いがけず、いきなりの登場。最初にして最強。
相撲観に行ったら早速横綱
結びの一番からスタートするような衝撃です

写真は撮れませんので文章だけですが、
照明をおとした、真っ暗な中に、光り輝くゴールド!
壁も黒。
傍には一切の説明文なし。

展示の仕方もかっこいい!
しばし見とれてしまいます。

f:id:kamekichi58:20141020225457j:plain

そして初めて気が付いたのですが、持つところ?
上の部分ですね、これ、蛇です。
(写真は、売店で買ったレプリカゴム印です)

亀じゃなくて蛇なのか…ざんねん。と思った矢先!
あるんです亀も!金じゃなくて銀の印が!
「亀鈕銀印(きちゅうぎんいん)」てのが!展示されています。

f:id:kamekichi58:20141020225529j:plain

やった!亀もあった!テンションあがる!
(写真は、購入した博物館の刊行物より引用させていただきました)

加えて、この金印が大変貴重なものであると指摘した人は!
亀井南冥(かめいなんめい)という
江戸時代の儒学者なのです!

名前にカメ!
当時、溶かすかーという話も出ていたという金印。

亀井南冥先生が、
後漢書東夷伝」との関連を指摘し、
これはすごい重要な印だと論じたため現在まで残りました。

いやーあやうし金印。よかったですね。
亀井先生のおかげで私も金印をおがめたのかもしれません。

f:id:kamekichi58:20141020225737j:plain

レプリカはゴム印。
隣はインドの亀だそうで、売店で見つけて買ってもらいました。
亀と金印。カコイイ


次回に続きます


亀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他ペットブログ アカミミガメへ
にほんブログ村